リサイクルトナー利用の注意点

リサイクルトナー利用の注意点 プリンターを使う頻度が高い人にとっては、インクトナー代は少しでも安く抑えたいものです。
そんな方に人気なのがリサイクルトナーです。
リサイクルトナーとは、使用済みのトナーに新しいトナーを混ぜたもので、純正よりも価格が安いことが特徴です。
ただし、純正ではないので、使っているプリンターによってはうまく印字が出なかったり、プリンターが故障してしまったりすることもあります。
こうした事態を避けるために、リサイクルトナーを買う際にはいくつかの注意点があります。
まず、保証やサポート体制がしっかりしている製品を選ぶことです。
トラブルがあった時でも、適切な保証が受けられれば安心です。
二つ目に、トナーが作られた工場を確認することです。
製品の品質管理基準をクリアしていることをチェックしましょう。
最後に、信頼できるお店で購入することです。
それぞれのお店に得意の分野があるので、ご自分が使われる用途に合わせてぴったりのお店を選んでください。

リサイクルトナー販売業者の選び方

リサイクルトナー販売業者の選び方 リサイクルトナー販売業者の選び方は、以下のとおりです。
まず、「サイトに電話番号がはっきり記載されているか」。
たいていの業者は、自社のサイトを持っています。
そのサイトの上部に、電話番号が記載されているかということが重要です。
電話番号が記載されている場合、「いつでも連絡して大丈夫」という意味であり、「商品のクオリティーに自信がある」「サポート体制も整っている」と考えられます。
販売者の顔写真なども載っていれば、より安心といえます。
次に、「保証についてはっきり記載されているか」。
たいていの保証期間は1年ですが、リサイクルトナーはまとめ買いして1年以上使うということが多くあります。
その場合、当然ですが1年を過ぎたら対応してもらえません。
ですから、保証期間は長ければ長いほどよいといえます。
また、「トナーが原因でプリンターが壊れた時の修理費はどうするのか」ということについても、はっきり記載されているか確認しておきましょう。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>