リサイクルトナーの利点と注意点

リサイクルトナーの利点と注意点 リサイクルトナーを使う利点は、ランニングコストを抑えられることです。純正トナーは価格が高く、使い続けているとランニングコストが上昇してしまいます。
メーカーはプリンタの本体価格を安く抑える代わりに、トナーに利益を上乗せしているからです。
しかしリサイクルトナーは、回収したカートリッジにインクを充填して販売しています。
研究開発費を抑えられ、プリンタ本体の利益を上乗せする必要がないので、低価格で販売することができるのです。
ですから、リサイクルトナーを使うようにしておけば、ランニングコストを抑えられる利点があります。
注意点としては、初期不良に当たる可能性が高いことです。使用済みのカートリッジを回収して充填する以上、信頼性が低いのは仕方がないので、ある程度覚悟しておく必要があります。
印刷の品質については、年々向上しているので大きな差はありません。しかし、純正品と同じインクなどを使っているわけでないので、全く同じではないことは注意しておきましょう。
他にもリサイクルトナーを使用していると、保証期間内であってもプリンタのメーカー保証が受けられなくなります。
万が一故障したら有償での修理になるので、注意が必要です。

リサイクルトナーを使ってみよう

リサイクルトナーを使ってみよう リサイクルトナーを使ってみたことはありますか? リサイクルトナーは、純正トナーの空き容器を使用しているため、研究や開発の費用がかかりません。当然その分が安くなるのですが、トラブルが起こる可能性も出てきます。
今回はリサイクルトナーを使用するメリットとデメリットを紹介していきます。
まずメリットですが、なんといってもコストパフォーマンスが非常に高いです。昔に比べて不具合発生率はかなり改善されているので、購入の際に保証がしっかりしているものを選べば安くて安定した品質のものを手に入れることができます。
またその保証も、リサイクルトナーの場合は再生品ということもあり純正品よりも充実している場合が多くあります。
次にデメリットですが、不具合発生率が昔に比べて低くなったとはいえ純正品と比べるとやはり不具合率は高くなってしまいます。
そしてもう1つが、カラーの色合いが異なる場合があるということです。リサイクルと純正ではモノクロに関してはほとんど同質ですがカラーでは粉の成分が異なることが原因です。
そのため、再現性の高さを求めるのであれば純正の方が安心です。
以上のことを理解していれば、自分にピッタリなものがお得に手に入れることができますよ。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>